×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

窯元紹介

安部 勝斉・安部 元博

安部 勝斉(左)
・台ヶ森焼初代窯元。
・百窯の里・七ツ森陶芸体験館 初代館長
(2018.11.3引退)

安部 元博(右)
・台ヶ森焼二代目窯元
・百窯の里・七ツ森陶芸体験館 現館長
・二代目窯元 安部勝斎襲名
(2018.11.3)


 
HOME»  焼〆»  焼〆 花生 筒型

焼〆 花生 筒型

台ヶ森焼の土で薪窯焼成した焼〆作品。 焼〆 とは、無釉薬で高温焼成(1280~1300℃位)したもの。信楽・備前・丹波などでも、今なお行われている技法。 土の持つ色合いが薪の灰と高温の火によって色が付く。釉薬を施していない為、焼成の斑で液体が滲みる場合がある。その時はお米のとぎ汁で煮る等、昔からある目止めの方法をしていただきたい。なぜなら、“焼〆”は滲みながら使っていく事で、現在よりも味わい深い色合いになって行くのだから。

  • 焼〆 花生 筒型

  • 販売価格

    22,000円(税込)

  • 在庫

    1個

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品